ギリシャ・ラテン文学

あまりなじみ無いギリシャ・ラテン文学を集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

「オイディプース王」を読む (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
ギリシア悲劇の中で最高傑作といわれ、アリストテレースも激賞した「オイディプース王」。アポローンの神託の成就と、そこに描き出された人間存在の悲劇性を浮き彫りにしたこの「オイディプース王」を文学として捉えなおして徹底的に解読吟味する。悲劇としての巧みな劇構成、そして、今なお私たちに問いかけてやまない人間存在の本質――時空を越えて輝くギリシア悲劇の魅力を読みつくした意欲作。



内容(「BOOK」データベースより)
ギリシア悲劇の中で最高傑作といわれ、アリストテレースも激賞した『オイディプース王』。アポローンの神託の成就と、そこに描き出された人間存在の悲劇性を浮き彫りにしたこの『オイディプース王』を文学として捉えなおして徹底的に解読吟味する。悲劇としての巧みな劇構成、そして、今なお私たちに問いかけてやまない人間存在の本質―時空を越えて輝くギリシア悲劇の魅力を読みつくした意欲作。

物語の海へ―ギリシア奇譚集 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
絵姿女房と宿命の女,死をめぐる奇習と寿命の取りかえの話,王殺しと因果応報……昔どこかで聞いた話の原型を探す物語への冒険.ギリシアに発し,ペルシア,インド,中国,日本を自在にわたる奇譚往来.

内容(「BOOK」データベースより)
絵姿女房と宿命の女、死にまつわる奇習と寿命の取りかえの話、王殺しと因果応報…。誰しも一度は耳にする話の原型を探す物語への冒険。ギリシアに発し、古代ペルシア、インド、中国、日本を自在にわたる奇譚往来。

新譯伊蘇普物語〈下篇〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
訳文の斬新さに加えて本書の大きな楽しみは、国語学者・萬年博士が1話ごとに付した驚嘆すべき解説です。下篇には「羊飼いと狼」(狼少年)「兎と亀」「犬と影」などの80話に加え、古代インド説話「パンチャタントラ」を収録。

内容(「MARC」データベースより)
100年前の美しい日本語で書かれた大人のためのイソップ。1話ごとに国語学者・万年博士による解説付き。上篇には「水神と樵夫」「牛と蛙」「太陽と北風」などの80話に加え、「イソップ小伝」「訓言索引」を収録。

ギリシア悲劇―神々と人間、愛と死 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
紀元前5世紀のアテーナイで盛んに演じられ、今もなお現代人を魅了するギリシア悲劇。その魅力の源泉は何か。普遍的意味はどこにあるのか。アイスキュロス、ソポクレース、エウリーピデース──3大悲劇詩人の代表作、その女主人公の人間像を通し、神々と人間、愛と死など人間存在の本質と根本問題を内在的作品解釈によって鮮やかに解き明かす。



内容(「BOOK」データベースより)
紀元前五世紀のアテーナイで盛んに演じられ、今もなお現代人を魅了するギリシア悲劇。その魅力の源泉は何か。普遍的意味はどこにあるのか。アイスキュロス、ソポクレース、エウリーピデース―三大悲劇詩人の代表作、その女主人公の人間像を通し、神々と人間、愛と死など人間存在の本質と根本問題を内在的作品解釈によって鮮やかに解き明かす。

オデュッセイアー (上) (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
岩波文庫を底本に、名著・古典籍を復刻刊行するシリーズ。「オデュッセイアー」を収録。※旧版からの復刻のため、一部読みにくいページがございます。

ペトラルカ―生涯と文学 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
ルネサンスを代表する作家・思想家,ペトラルカの生涯と文学・思想について述べた初の本格的な入門書.永遠の愛の対象となった「ラウラ」のこと,ボッカッチョとの友情,現代人の問題につながる「孤独生活」の思想などを軸に,ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて,そのエッセンスを書き下ろす.

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテ、ボッカッチョとともに、イタリア文学の三巨星の一人であり、ルネサンス時代を代表する作家・思想家、ペトラルカの生涯と思想・文学について述べた初の本格的な入門書。主著『カンツォニエーレ』でうたわれた永遠の恋人ラウラのこと、文芸復興(ルネサンス)の同志であったボッカッチョとの友情、近代の「個人」意識につながり現代人の問題でもある「孤独」の思想などを軸に、ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて、そのエッセンスを書き下ろす。

ギリシャ神話 ペルセウスとアンドロメダ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
悲劇の王女ダナエーと大神ゼウスの間に生まれたペルセウス。たくましくも立派な青年に育った彼を待つのは、陰謀や野心うずまく試練の数々でした。果たしてペルセウスの運命は…?小学生高学年から。

内容(「MARC」データベースより)
悲劇の王女ダナエーと大神ゼウスの間に生まれたペルセウス。たくましくも立派な青年に育った彼を待つのは、試練の数々でした…。天空に輝く太陽、きらめく星たちをちりばめた、年若い読者のためのギリシア神話。

神曲 下  岩波文庫 赤 701-3 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテは地上の楽園を離れ、ベアトリーチェに導かれつつ昇りゆき、地球に最も近き天より次第に遠き天に至り、遂に至高の天に達す。ベアトリーチェに代りて聖ベルナルドゥスの教えを受けまたその助けによりて至上の光明を仰ぎ、ここに最後の天啓を受く。

神曲 上 岩波文庫 赤 701-1 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテはウェルギリウスに導かれて暗き林を離れ、地獄の門よりたえず左に道をとり、地獄各圏を歴程してその底にくだり、さらに地心を過ぎて南半球に移り、地下の幽路を辿りて再び地上にいづ。二詩人が地獄内に費せる時間は約二十四時間なり。

ホメロス オデュッセイア〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流、さらに10年にわたる冒険が始まる。『イリアス』とともにヨーロッパ文学の源泉と仰がれる、ギリシア最古の大英雄叙事詩の、新たな訳者による新版。(全二冊)

内容(「MARC」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流し、さらに10年にわたる冒険が始まる。ヨーロッパ文学の源泉、ギリシア最古の大英雄叙事詩。94年刊のワイド版。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

{鶯谷・うぐいすだに} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {美容外科} {東京ぶらぶら} {墨田区紀行} {GOGO!江戸川区!} {アキバ中毒のページ} {台東紀行} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {電子たばこ}

ooo上野情報.comooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo リネージュIIクロニクル5ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo ショッピング 検索ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo ネット証券比較っすooo 千葉県南房総 館山市.COMooo AV機器ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 寿司喰いねぇ~!ooo お笑いタレントooo もっと知りたい!練馬区ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 渋谷ぶらりooo 住宅ローンのことooo 千葉のショッピングモールooo ガシャポン戦死!ooo